ワインの種類

色々なワイン 未分類
スポンサーリンク

スポンサーリンク

ワインの種類
ワインは大きく4種類に分けられる

スポンサーリンク

ワインは製造法や原材料により、「スティルワイン」「スパークリングワイン」「フォーティファイドワイン」「フレーバードワイン」の4つに分類されます。

●スティルワイン
スティルワインは発泡性のないワインです。市場に最も多く出回っているワインのことで、赤ワインや白ワイン、ロゼワインと呼ばれているものを指します。スティルワインは、アルコール度数が9度~15度くらいが一般的です。

●スパークリングワイン
スパークリングワインはシュワシュワと泡立ち、発泡性を有するワインのことです。通常、3気圧以上のガス圧を持ったものをスパークリングワインと呼びます。代表的なものにフランス・シャンパーニュ地方のシャンパーニュ(※)が挙げられます。

※シャンパーニュは、日本では「シャンパン」の名でも知られていますが、正式には「シャンパーニュ」といいます。

●フォーティファイドワイン
ワイン自体の保存性を高めるために、アルコール添加をして造られたワインのことです。シェリーやマディラ、マルサラなどのアルコール度数が高いワインがフォーティファイドワインにあたります。

●フレーバードワイン
ワインに薬草や果実、甘味料などを加えたワインのことで、個性的な香りと味わいに仕上がります。ヴェルモットやサングリア、リレなどが特に有名です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ワイン初心者からソムリエ資格取得まで【アカデミー・デュ・ヴァン】

スポンサーリンク

日本最安値挑戦中!
ワイン通販の「ワインソムリエ」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント